バイクで奈良の古墳巡り!暑さ回避のため早朝に古墳を目指すツーリング

三陵墓古墳群

真夏の暑い日中にバイクでツーリングするのは、体調面でリスクが高いと感じる人も多いでしょう。私は夏の日中のツーリングで熱中症になる確率が高いため、夏は早朝にしかバイクに乗りません。

朝日が昇る前に出発し、帰宅は7時から7時半までを目安にします。そのため、行ける場所が限られますが、奈良に住んでいることから、古墳を目的地にしたツーリングを楽しんでいます。

目次

三陵墓古墳群(さんりょうぼこふんぐん)

Googleマップで見つけた古墳「三陵墓古墳群」へ行きました。

とらこ

ナビで道に迷った

yahoo!カーナビがフリーズ

R369を針テラス付近から室生方面へ走っていたとき、スマホのナビが進んでいないことに気付きました。

先週は日中に画面が固まりました。真夏の暑いひだからかと思っていたのだけど、早朝の涼しい時間帯にフリーズっておかしい。

しかもスマホが熱い。ネットでしらべてみると、この現象が起きているのは私だけではないようでした。

三陵墓古墳群史跡公園

駐車場

日ごろからGoogleマップをよく見ていたので、ナビなしで古墳へ行くことができました。

三陵墓西古墳と三陵墓東古墳の2墓あり、西古墳へたどり着きました。

駐車場のからすぐの場所に階段があります。

7時前だったからか、誰もいませんでした。景色がなかなか良い。

三陵墓古墳群
古墳からの景色

駐車場方面の景色

古墳からの景色

公園からみた駐車場。停めているのは私のバイクのみ。

古墳からの景色

場所:奈良県奈良市都祁南之庄町

三陵墓古墳群の説明写真

三陵墓古墳群
公園内の説明

公園内にいくつかの説明がありました。

都介野岳から北に広がる尾根上に位置する古墳群、その中心には三陵墓西古墳と三陵墓東古墳があります。西古墳は直径40メートル、高さ5メートルの円墳で、二つの主体部が確認されています。一方、東古墳は墳丘長110メートルで、大和高原・宇陀郡で最大級の前方後円墳です。出土品から西古墳は5世紀前半に、東古墳は5世紀後半に築造されたと考えられ、国造クラスの有力者の墓とされています。

公園内の説明

上空からの都祁村南西部

公園内の説明

国指定史跡・藤ノ木古墳(ふじのきこふん)

朝5時に出発してすぐ雨がパラパラと降ってきました。まあいいか、とそのまま続行。

近鉄筒井駅近くを通過してしばらくすると、うっすら虹が見えました。なんだか得した気分。

住宅街にある

法隆寺の西方向400mに所在する藤ノ木古墳です。

住宅地の真ん中にありました。近所の人が散歩したり、犬の散歩してたり、のどかな雰囲気の場所でした。

藤ノ木古墳とは

この円墳は直径48メートルの大きなもので、6世紀後半に建てられたと考えられています。

1985年と1988年に2回の発掘調査が行われ、未盗掘の朱塗りの家型石棺や土器類、そして重要文化財である豪華な金銅製馬具などが発見されました。

1988年の調査では、石棺内に2体の埋葬者が見つかりました。出土品は重要文化財に指定され、現在は県立橿原考古学研究所附属博物館で見ることができます。

  • 北側:17~25歳男性
  • 南側:20~40歳男性

古墳の近くにある「斑鳩文化財センター」へ行くと詳しく古墳について知ることができそう。開館は9時からなので行けませんでした。

場所:生駒郡斑鳩町法隆寺西2丁目1795

法起寺

藤ノ木古墳から5分くらいの場所にある法起寺です。

箸墓古墳(はしはかこふん)

箸墓古墳

古墳がある場所だと知らなかったら、森かと思い通り過ぎそう。

箸墓古墳前

場所:奈良県桜井市箸中

三陵墓古墳群

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン・読書・裁縫・散歩・田舎が好きなアラフィフ(50代)です。

目次