奈良公園の鹿はどこにいる?夜はどこへ?ひいたらどうする?シカ徹底ガイド

奈良のシカ徹底ガイド

奈良といえば、大仏と鹿のイメージがあるかと思いますが、意外と「鹿」については知らない方も多いのではないでしょうか。奈良公園に生息する鹿は、1957(昭和32)年9月18日に、国の天然記念物「奈良のシカ」として指定を受けました。

この記事でわかること
  • 奈良の鹿はどこにいるかわかる
  • 夜はどこにいるかわかる
  • 奈良公園の鹿のマメ知識
  • 誰が管理しているの?
  • 鹿って鳴くの?
とらこ

最近まで、奈良公園の近くに2年と少し住んでいました。

東京から奈良へ引っ越したとき、鹿のおかげで楽しい日々を過ごすことができました。知り合いのいない土地での生活をはじめたとき、慣れるまで寂しいな、と思ったりします。そんなときは、奈良公園へ行き鹿を観察していました。

おかげで「鹿」についてかなり詳しくなりました。

目次

奈良公園の鹿はどこにいる?

若草山

まずはじめに、奈良公園の範囲ってどこか、意外と知らないのでは?

とらこ

知っていたらスゴイ!

奈良公園の範囲はかなり広く、上記の記事で紹介している場所に鹿がいます。

奈良公園の鹿の飼い主はいない

奈良公園の鹿

これは桜の時期の奈良公園で撮影しました。

奈良公園およびその周辺に生息する鹿「奈良のシカ」は、天然記念物です。

第二次世界大戦前には、約900頭いた「奈良のシカ」は、1945年には79頭にまで減ってしまいました。これは鹿苑 (奈良市・春日大社の近く)の休憩所内に貼ってあった鹿の頭数の推移です。

鹿の数のうつりかわり・鹿苑 ・ろくえん・奈良市

市民や春日神鹿保護会(現:一般社団法人奈良の鹿愛護会)などの努力により、近年は1,200頭前後で推移しています。

参考:春日大社(かすがたいしゃ)の歴史を簡単にわかりやすく解説

武甕槌命さまが白鹿に乗って、鹿島神宮からやってきたと伝えられています。その鹿島神宮にいる鹿は、奈良のシカのように自由に歩き回っていません。

鹿島神宮と香取神宮ツーリングの記事に「鹿」の写真あり(旧ブログ)

奈良公園付近はバイクや車の運転に注意!

鹿苑 ・ろくえん・奈良市

これは鹿苑 (奈良市・春日大社の近く)の小鹿公開の際に、屋外に貼ってあった「奈良のシカ」との交通事故多発たいマップです。

とらこ

奈良に引っ越してくる前に、鹿を引いてしまわないか心配だった。

奈良公園周辺では、バイクや車はスピードを落として走行している人ばかりです。

もう少し新しい情報は、「一般社団法人奈良鹿愛護会のサイト」で公開しています。

山の上にもも鹿がいる

この写真は、若草山へ登る途中で撮影しました。

奈良公園から離れた住宅街

街中でくさを食べる鹿

少し離れた住宅街で草を食べてたり、歩いていたり、走っていたことはよくありました。

近くの学校内にも鹿がいました。

とらこ

住んでいた住宅の敷地内にも鹿がいたよ。

左2台は、前に乗っていたバイク、MT07とバンディット1250F

鹿は夜になるとどこへ行く

奈良公園にいる鹿は、夜になると春日大社方面へ移動します。夜に春日大社周辺を散歩していると、木の陰に鹿がいます。

とらこ

住宅街を歩いていることもあります。

住んでいた敷地内に、夜中に鹿が草を食べていることはよくありました。ただし、真冬は来ませんでした。

真夏の夜、家の周辺を散歩中、鹿がいたのでついていきました。

行き止まりでかなり焦っていました。そして、猫が塀の上から見ていました。

バン

かわいそうなので、立ち去りました。

小鹿の赤ちゃんが生まれるシーズン

奈良警察のキャラクター・小鹿公開2023年6月・鹿苑 ・ろくえん・奈良市

2023年6月、「鹿苑(ろくえん)」で撮影した写真です。県警マスコットキャラクターのナポくん(左)とナピちゃん(右)、真ん中は、奈良県のプロバスケットボールチーム「バンビシャス奈良」のチームキャラクター「シカッチェ」

小鹿が多く生まれるのは6月頃ですが、それ以外の時期にも生まれています。

小鹿公開とは?

小鹿公開2023年6月・鹿苑 ・ろくえん・奈良市

春日大社の近くにある「鹿苑(ろくえん)」で、毎年6月中に鹿の赤ちゃんを公開しています。

小鹿が多く産まれるシーズンは、母鹿が鹿苑で保護されます。そこで赤ちゃんが誕生します。1回の出産で1頭の子を産みます。

料金は、大人300円です。

屋外会場

小鹿公開2023年6月・鹿苑 ・ろくえん・奈良市

2023年は、6月1日に行きました。

生まれたての小鹿の赤ちゃんは、色が濃いです。

生まれたての小鹿

この写真は、2022年6月に撮影しました。

鹿の鳴き声

ニホンジカの音声のいろいろ・鹿苑 ・ろくえん・奈良市

鹿苑の休憩所に貼ってあった「ニホンジカの音声のいろいろ」

住んでいた住宅には、メス鹿が8頭前後現れていました。日中に「チュイーン」と泣いている声が聞こえることもありました。

2022年の秋から翌年1月までは、オス鹿1頭が来ていました。近づくと威嚇してきました。

夜中は、人間の悲鳴!?のような鳴き声が良く聞こえてきました。

奈良のシカクイズ

奈良と言えば「鹿」のイメージが強いかと思いますが、鹿についてどのくらい知っていますか?私は奈良に住むまでは、鹿のことはほとんどわかっていませんでした。

奈良公園の鹿「天然記念物」を車でひいたら処罰される?

街中の道路横断する鹿

奈良公園から少し離れた場所で撮影した写真です。

聞いた話や噂、ネット情報など

  1. 奈良公園付近の鹿をひいたら「罰金」とられる、や「処罰」という話を度々聞きます。
  2. 「家の玄関前にひかれた鹿を置いて行かれて処罰された」という話も聞いたことがあります。
  3. ネット上にある情報でも、故意でない場合でも「処罰」という情報があります。
  4. 上記とは逆に「故意でなければ処罰されない」という情報もあり。

答え

答えは「△」です。状況により処罰される場合もある。

とらこ

本当はどうなのかわからないので、奈良警察署に電話してききました。とても丁寧に教えてくれました。

奈良警察署に電話して聞いた話
  • 当て逃げや故意で鹿をひいた → 処罰される
  • 故意の場合 → 処罰されない

ひいた状況がどうであれ、鹿をひいてしまった場合の対応

  1. 警察署に申告(電話)する
  2. 処罰かどうかは状況で判断する

家の玄関前にひかれた鹿を置いて行かれて処罰された話

「聞いた話や噂、ネット情報など」の「3」の「家の玄関前にひかれた鹿を置いて行かれて処罰された」話は、奈良市内の美容院の方(奈良出身)に聞きました。

これは、鹿苑(ろくえん)に貼っていた説明の話と似ていると思いました。

鹿苑 ・ろくえん・奈良市

奈良のむかし話の「奈良の早起き」

鹿が二本足で立っているときは何をしているの?

立つ鹿

東大寺・二月堂付近で撮影

奈良公園で時々このように、二本足で立っている鹿を見かけます。

答え

答え:鹿は高い木の葉を食べている

奈良公園の樹木をよく観察すると・・・

奈良公園の樹木は、だいたい高さ2m以下のところに葉っぱがありません。

これを「ディアーライン」といいます。

鹿がお尻の毛を逆立ててピョンピョンとぶのはなぜ?

奈良公園から少し離れた住宅街で撮りました。

答え

答え:鹿がお尻の毛を逆立ててピョンピョンとぶのは、危険を感じいているとき

とらこ

はじめの頃は、鹿は楽しいからピョンピョンはねていると思っていました。

鹿の尻尾

参考:鹿ってしっぽがないように見えますが、よく見ると尻尾があります。

鹿のしっぽ・奈良市

鹿は集会をするって本当?

鹿だまり

奈良国立博物館の前で撮影

夏の夕方に、奈良国立博物館の前へ行くと鹿が大量に集まります。この集まりは、「鹿だまり」と言われています。

答え

答え:集会ではない、と思う。これは答えがわかりません。

いろんなサイトで「何故そこに集まるのか正確な理由ははわからない」と記載があります。「芝生の下にある地下通路からの排気が通るために若干涼しいから」との記載もありますが、実際その場に行くと全く涼しくないです。

鹿だまり終了後

道路横断する鹿

暗くなると鹿は春日大社方面などに散らばります。

道路横断する鹿
とらこ

夏の夜に散歩していた時に撮影

青信号で道路の真ん中で停まる鹿たち。前方からは、奈良警察の車が!!

警察に追い払われている鹿

この後、警察官が車から降りてきて、鹿を追い払っていました。

夏毛「鹿の子模様」は個性を出すため?

夏の鹿

夏の若草山頂上で撮影

答え

答えは✖:夏毛「鹿の子模様」は、夏の木漏れ日に似せて外敵から身を守るための保護色

鹿の子模様

小鹿

鹿の「鹿の子模様」は、生まれたときからずっと同じ。

まとめ

奈良公園に観光で訪れるだけでは気づかない「奈良のシカ」について紹介しました。

  • 奈良公園の鹿の飼い主はいない
  • 奈良公園の鹿「天然記念物」を車でひいたらどうするか
  • 鹿が二本足で立っているときは何をしているか
  • 鹿がお尻の毛を逆立ててピョンピョンとぶのはなぜか
  • 夏に鹿が集団で集まるばしょがある
  • 夏毛「鹿の子模様」の意味
  • 奈良公園周辺は鹿を引いてしまう交通事故多発地帯

これから奈良市に引っ越してくる方や、観光で訪れる方の参考になれば幸いです。

奈良のシカ徹底ガイド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン・読書・裁縫・散歩・田舎が好きなアラフィフ(50代)です。

コメント

コメントする

目次