バイク

バイク用防寒グッズ | 買って良かったもの4つと失敗したもの1つ

JRPのグローブ

今までいろいろなバイク用品を購入してきましたが、その中で冬に使うグッズでおすすめの物を紹介します。

こんな方におすすめ

  • 購入してすぐ使える
  • 余計な準備がいらない(配線等)

以下は今まで使ったことのあるバイクグッズ(ウェア)の一部です。

  • 電熱グローブと電熱ジャケット(バッ直)
  • 格安電熱ベスト
  • グリップヒーター
  • ハンドルカバー
  • 冬用グローブ
  • 電熱ソックス
  • ハクキンカイロ

余計な準備がいらないものが好き

私がいろいろな冬用バイク用品を使用してきて、たどりついたのは

それだけあればいい

です。

具体的な商品をいうと、以下はやめたかったものです。

  • 電熱グローブと電熱ジャケット(バッ直)
  • グリップヒーター

その理由は以下4つ。

  1. 取り付けて終わりでもない。
    バイクの車検等で電源が緩んで使えなくなったことが2度あります。
  2. バイクに乗る時にコードを接続するのに手間がかかる。
    (電熱グローブと電熱ジャケット)
  3. バイクを降りるときにコードのことを忘れることがある。
    (電熱グローブと電熱ジャケット)
  4. バッテリーが心配になる。

注意

使用していた電熱ウェアとグローブはタイチでした。

2022年の製品から、モバイルバッテリーのみに対応になっています。

購入して失敗した冬用バイク用品

まずはじめに失敗したバイク用品から紹介します。

電熱ソックス(靴下)です。

電熱靴下

バッテリーを靴下にしまえて便利。結構暖かいです。

電熱靴下と電源

暖かいのになぜ失敗だったの!?その理由は3つです。

失敗の理由

  • 足裏にケーブルがあるのがあるので快適とはいえない。
  • 歩くときに断線するのではないかとヒヤヒヤする。
  • 外履き用だと匂いが気になる。洗えますが気を使います。

バイクの運転時用としては失敗でしたが、現在の住まいは室内でも激寒なので家用で活躍しています。

買って良かった冬用バイク用品

買って良かったバイク用品の良い物順です。

JRPのウィンターグローブ

左の茶色のグローブは、今年2022年のはじめに購入しました。右の黒は同じ商品で、Banさんが最近購入したものです。

ウィンターグローブ

前に乗っていたバイクは、グリップヒータを取り付けていました。その他に電熱ウェア用の電源を取り付けていたので、電熱グローブと電熱ジャケットを使うことも可能でした。

それらを去年(2021年)に使用したのは、記憶では1回のみでした。上記の用品をなしに冬を過ごせるバイク用品を探していて、納得できたのがこのグローブです。

グローブの中は起毛でモフモフしててい暖かいです。

感じる寒さに個人差はありますが、私はこのグローブ、ハクキンカイロと格安電熱ベストで冬を乗り切りました。

メーカー:JRP 、性能:耐水加工牛革、3層構造/透湿・保温機能、グリップヒータ対応

注意点

早朝出発のツーリングではちょっと寒さを感じます。

高速道路走行、長距離走行はしていません。

ハクキンカイロ

これは何年も使っていて、お気に入りです。

ハクキンカイロについては他で載せているので、参照にします。

ハクキンカイロ
参考ハクキンカイロは真冬のツーリングやスキーにおすすめ!日常でも活躍

2017年頃から使いはじめたハクキンカイロは、冬のツーリングやスキー、日常でも活用しています。 使い捨てカイロよりも断然暖かいです。 職場がよく変わる私は、勤務先によっては激寒だったりして、そんなとき ...

続きを見る

バイクに乗る時は、袋にいれて首からぶら下げています。

注意点

  • ハクキンカイロの火口は、交換する必要があります。交換時期は使用頻度によって変わります。
  • 本体そのものは、5年使用して温まりにくくなったと感じます。
  • 過去数年のことですが、真冬になると商品の値段が驚くほど上がっていました。

格安電熱ベスト

格安の電熱ベストです。

購入した理由

去年購入して、ほぼ毎日使っていたのでヨレヨレ。

電熱ベスト

これはBanさんの電熱ベストです。

電熱ベスト

私の電熱ベストは外側のファスナー(ポケット)内に電源ケーブルがあります。モバイルバッテリーで使用するタイプです。

電源

この電熱ベストを購入した理由は、住んでいる住宅が驚きの寒さだからです。

5月くらいまでは、

冷房いれてるんじゃないの!?

というほどの寒さ。真冬は冷凍庫?というような室内温度です。今まで生きてきた中で、一番の寒い住宅です。

バイクの運転で使ったら快適だった

デメリットは、長距離ツーリングの場合、予備のバッテリーが必要。私は冬に長距離を走っていないので、1つのバッテリーでもちます。

このベストを試しにバイクを運転するときに着たら、なんとも快適で愛用していました。何が良いかって、暖かいのはもちろんですが、バイクのバッテリーから接続する電熱ジャケットのような煩わしさがない!!

家で着て外に出れるので、いきなり暖かい!!

これとハクキンカイロを使うと上半身ポカポカです。

今年は新しい電熱ベストをまた買う予定。

上記は購入したものと近い商品です。

モンベルの冬用商品

モンベルで数年前から、スーパーメリノウール(天然素材)のインナーとタイツを愛用しています。モンベル以外にあらゆるインナーを試してきて、結局はモンベルが一番良い。

インナー

タイツです。

タイツ

真冬は一番厚手を着ます。バイクに乗る以外の時は、薄手を着てます。

メリノウールの他に、ジオライン(化学繊維)がありますが、こちらは穴があきやすいのと、メリノウールよりも暖かくないのでやめました。ジオラインは登山やスキーをやり体を動かす向け。

ハンドルカバー

購入したものではなく、もらった物です。

Banさんが前のバイク「バンディット」を納車した後に購入した「ハンドルカバー」です。

暖かいです。

ハンドルカバーをつけた

一度も使用していなかったため、きれいです。しかし、Z125PROにはかなり大きすぎ。

  • この記事を書いた人
Torako

Torako

パソコン・読書・裁縫・散歩・田舎が好きなアラフィフ(50代)です。

-バイク