引っ越し時にレンタルWiFiを検討!無制限にも注意が必要?2つ借りた結果

光回線を利用していた場合の引っ越しでは、新しい住所でのインターネット接続手続きには少々時間がかかることがあります。急いで通信環境を整える必要がある場合、代替としていくつかの方法があります。

バン

引越し前にWiFiのホームルーターをレンタルしていたけど、速度制限で使えなくなった。

とらこ

どうしてもネット環境が必要で、モバイルWi-Fiルータを借りたよ。

この記事の内容
  • 光回線の工事までのインターネット接続方法
  • データ通信量の目安
  • レンタルWi-Fiは店頭申し込みorインターネット手続きのどっちが良いか
  • 無制限と記載があっても、よくみると速度制限についての注意書きがある
  • 短期間のみポケットWi-Fiなど使う
  • MONOMAレンタルWi-Fiで、3日間速度制限が解除されなかった
  • WiFiレンタルどっとこむのポケットWi-Fi利用で、問題なくインタネットが使えた

はじめにレンタルしていたWiFiのホームルーターは、たった数時間使っただけで、速度制限で使えない状況になりました。その後、違うレンタルサービスを利用しました。

レンタルしたWi-Fi
  1. 引越し前:MONOMAレンタルWi-Fi
  2. 引越し後:
目次

引越し先ですぐにインターネット(Wi-Fi)利用したい場合

とらこ

引越先でネット回線の工事日まで時間がかかるけど、すぐにネット利用したい場合はいくつかの選択肢あり。

  1. レンタルWi-Fiルーター
  2. モバイルWi-Fiルーターの契約
  3. スマホでテザリング接続する

光回線不要か!?

レンタルWi-FiルーターやモバイルWi-Fiルーターの契約、スマホのテザリングは、工事が不要なのでそのまま使えば楽じゃない?

と思うかもしれません。しかし、NetflixやAmazonプライムビデオをテレビ画面で視聴したり、オンラインゲームなどする方は、光回線を利用した方が良いでしょう。

光回線は工事が必要でも、通信速度が速く通信が安定しています。

レンタルWi-Fiルーターの「無制限」に注意

レンタルWi-Fiルーターは、「無制限」と記載されているものが多くあります。

ただし、データ通信の使用量によって、速度制限がかかる場合があります。

レンタルWi-Fiルーター

一時的な利用では、これが一番おすすめ。

契約は1日からできる業者もあり、モバイルタイプのWi-Fiルーターとホームルーターがあります。

自宅での利用に特化している場合、多くの人はホームルーターを選ぶかもしれません。しかし、返却時の利便性を考えると、モバイルタイプの方が便利な場合があります。なぜなら、モバイルタイプのルーターは、一部の業者ではポスト投函で返却できる場合もあるからです。

とらこ

無制限でも注意が必要

「無制限」と記載があっても、通信量によって速度制限あります。

モバイルWi-Fiルーターの契約

レンタルではなく、モバイル(ポケット)Wi-Fiを契約する方法もあり。以下はデメリットです。

  • 契約時の事務手数料がある
  • 端末代金が必要なこともある
  • 解約違約金がかかる業者もある

モバイルWi-Fiルーターを契約する場合は、長期的に外出先などでも利用する方向け。

スマホでテザリング接続する

比較的短期間での利用なら、スマホのテザリングでも対応可能でしょう。データ通信量を一時的に増やす契約にかえるのもあり。

とらこ

1台目に借りたWi-Fiホームルーターが速度制限で使えなくなった時、一時的にスマホのテザリングを使ったよ。

ただし、通信制限に注意する必要があります。

データ通信量の目安

まずはじめに、データ通信量についての目安です。消費は以下の状況などで変わります。

  • 実際の電波状況
  • 表示される内容
  • 読み込むファイルの種類
  • 画質の設定(動画配信サービス)

それぞれのサービスの設定を変えることによって、消費データを抑えることができます。

ZOOM・1時間あたり

パソコンで利用の場合の1時間当たりの通信量の目安です。

利用通信量
ZOOMビデオ通話0.5GB前後
ZOOM音声通話0.05GB前後
とらこ

実際にビデオ通話で使ってますが、上記ほど消費しないこともあります。

Netflix・1時間あたり

パソコン(ウェブブラウザ)で視聴した場合の目安です。

設定通信量(最大)
SD画質・標準画質
480p
1GB
HD画質・高画質
720p
3GB
UHD 4K・超高画質
2160p
7GB

モバイルでの場合の通信量は異なります。

設定通信量(約)
自動0.25GB
データ使用量(少)0.16GB
データ使用量(多)3GB

引用元:NETFLIXのヘルプセンター

YouTube・1時間あたり

設定通信量(約)
フルHD画質
1080p
1.2GB
HD画質
720p
1GB
SD画質
480p
0.5GB
SD画質
360p
0.3GB

1GBでできること

パソコンでの目安です。

WEB閲覧3,000~4,000ページ
メール送受信2,000通

MONOMAレンタルWi-Fiで3日間速度制限

MONOMAレンタルWiFi

引越しの10日くらい前に、MONOMAレンタルWi-Fiを用意していました。

届いてすぐに、接続テストはしていましたが、実際に使ったのは引越し後の2日目でした。そして、たった2時間半で速度制限がかかりました。

MONOMAレンタルWi-Fi

MONOMAレンタルWi-Fiは、ソニーネットワークコミュニケーションズライフスタイル株式会社が提供するホーム機能搭載の置き型Wi-Fiです。

スマートホーム化したい人におすすめの機器です。動画やゲーム、テレビ画面でのNetflixなど視聴したり、オンラインゲームをする人には向きません。

MONOMAレンタルWi-Fiを利用した理由

大阪ガスのインターネット回線(さすがねっと)を申し込みましたが、工事まで2週間くらいありました。このような場合は、MONOMAレンタルWi-Fiをお得に利用できます。

  • 初期費用なし
  • 月額費用は、2,970円
  • 解約金なし
  • 違約金なし

通常の初期費用は、3,300円(税込み)ですが、さすがねっとを契約し、開通までの期間は初期費用0円です。

また、月額料金5,148円かかるところ、2,970円(税込み)で利用できます。

速度制限あり

3日間における累計通信データ量が、10GBに達すると通信速度は700kbps以下に制限されます。

速度制限の解除

速度制限の解除の仕組みについては、同封の資料には記載がなく、公式サイトの説明をみてもよくわかりませんでした。

そのため、サポートに電話して問い合わせました。

  • 1日目:2GB
  • 2日目:3GB
  • 3日目:5GB

4日目の深夜~朝方、1日目に使った「2GB」のみ速度制限なしで使えるようになる。ただしこれは目安で、もっと早く使えるようになることがあります。

バン

2時間半で10GB使用したよ。

とらこ

実際どうなったかというと、3日間ほぼ使えない状態でした。

速度制限がかかる場合、通信速度は700kbps以下です。スマホでちょっとだけ調べものをしたい程度なら使える、などの情報もありますが、ほぼ画面がフリーズ状態でした。

MONOMAレンタルWi-Fiのデータ通信量確認方法

同封の資料や公式サイトを確認しても、消費通信量の確認方法がわかりませんでした。

サポートに電話して確認した結果、スマホにアプリをインストールし、そのアプリで通信使用量の確認ができます。

MONOMAレンタルWi-Fiでやめた方が良いこと

本文中の「データ通信量の目安」に載せていますが、NetflixをHD画質・高画質で1時間視聴すると3GBも消費します。3時間ちょっとで、速度制限の上限に達してしまいます。

MONOMAだけのことではありませんが、レンタルWi-FiルーターでNetflixや動画を視聴する場合は、注意が必要です。

大阪ガスのインターネット回線を利用することになった経緯

今までインターネット回線は、NTTを使ってきました。工事費用は約2万円

バン

工事費用って高くない?

と、今更思ったのです。そして他の選択肢はないのかなと考えました。

ホームルーターは、工事が不要なので引っ越しの多い場合に便利。しかし、通信速度が安定していないことなどのデメリットがあり。

ガスと電気は、大阪ガスを使っていて、引越しの連絡が1か所で済み楽。そして、工事費用が実質無料で、月額料金も安い。

バン

インターネットも大阪ガスってどう?NTTより安いし。

という経緯で、大阪ガスのインターネット回線にすることにしました。しかし問題点もあり。次回の引越し先が、大阪ガスとは限りません。その時はまた違うインターネット回線を選び直しです。

レンタルWi-Fiは店頭申し込みorインターネット申込

MONOMAが速度制限で使えなくなったため、新たに別のモバイルWi-Fiルーターをレンタルすることにしました。

とらこ

レンタルWi-Fiを2つも利用することになった理由は、私が職業訓練(eラーニング)受講中のため、どうしてもインターネット環境が必要でした。

店頭での申し込みが一番早く手に入りますが、デメリットもあります。

店頭申し込みのデメリット

いくつかの店舗を調べました。以下の理由で店頭で借りるのはやめました。

  • 1日3GB使うと速度制限の機種しかなかった
  • 借りるときデポジットとして1万円預ける
  • レンタル料が割高

インターネットでの申し込み

いくつもの業者がありかなり迷いました。

申し込み後は、自宅やコンビニでの受け取りが可能な業者が多いです。その中で、翌日に自宅に届けてくれる「WiFiレンタルどっとこむ」で借りることにしました。

WiFiレンタルどっとこむ・翌日受け取れる

WiFiレンタルどっとこむ

」のトップページには、レンタル人気・おすすめ端末の掲載があります。わかりやすい説明があるので、参考にしました。

\ 公式サイトで確認する /

受け取りが早く返却が楽

「WiFiレンタルどっとこむ」でレンタルした理由は、申し込みから受け取りまでが早く、返却は郵便ポストへの投函で完了するから。

とらこ

申し込んだ翌日に受け取りました。

返却の送り状や袋もセットされています。

レンタルした端末

WiFiレンタルどっとこむ
  • 型番:SoftBank T6(T6300 無制限)
  • サイズ:約110(W)×64(H)×15(D) mm
  • バッテリー容量:4,000mAh
  • WiFi規格:IEEE802.11 a/b/g/n
  • 質量:約130g

SoftBank 4GLTEのサービスエリア

コンパクトでかなり軽いです。外出先にもっていく場合、邪魔になりません。

SoftBank T6300 無制限の速度制限

以下を超えると、通信速度が128kbpsに制限されます。

  • 1日10GB
  • 月間300GB

通信速度制限は0時に順次解除される。

SoftBank T6300 VS MONOMA

MONOMAで速度制限がかかったときのように、SoftBank T6300で同じことをしたのですが、通信量の減り方がかなり違います。

SoftBank T6300の方が、データ量の減りが遅いです。

例えば、YouTubeをフルHD画質で1時間視聴した結果、データ量は0.6GB減っていました。本文中のデータ通信量の目安より少ないです。

SoftBank T6300が届いてからは、MONOMAを使わないようにしていたのですが、自動接続されていてスマホで少しネット閲覧をしました。その時の通信量は3GBを超えていました。

バン

MONOMAはデータ通信量の消費が激しい気がする・・・

ということで、SoftBank T6300 と MONOMAを別々のパソコンに接続し、同じようにインターネット閲覧をしてみました。やはりMONOMAの方がデータ通信量の消費が早かったです。

まとめ・一時的な利用ならレンタルWi-Fiルーター

引越しなどで一時的にインターネット環境が必要なら、レンタルWi-Fiルーターがおすすめ。

レンタルWi-Fiルーターを利用するときの注意点
  • 「無制限」と記載があっても速度制限がかかる場合がある
  • 1日のデータ通信量の上限を確認する必要がある
  • 借りる前にサービスエリアマップを確認した方が良い(都会なら問題ない)
とらこ

今回の引越しで2か所でレンタルし、快適に利用できたのはのモバイルWi-Fiルーターでした。

は、こんな方におすすめです。

  • 引越し前後などの一時的利用
  • 期間縛りは一切ないルータが良い
  • 1日からい1か月程度の利用
  • すぐに受け取りたい
  • 返却は簡単が良い

\ 当日発送のレンタルWi-Fiルータ /

受け取りは、13時までの申し込みで翌日に受け取れます。自宅やコンビニ、または「空港での受け取りが可能。また、返却はポスト投函で簡単。

レンタル可能な機器(回線キャリア)は、SoftBank, au, WiMAXがあり、5GB~無制限まで容量も様々です。

私はeラーニングの職業訓練で、毎日5~6時間利用(時々ZOOM)でした。レンタルした機器は、1日10GB(月間300GB)でしたが、そこまで消費することはありませんでした。

は、疑問などあれば専用コールセンターで質問できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次