メグロK3(W800)におすすめのサイドバッグ | おしゃれで機能的

meguroK3

バイクのサイドバッグ選びは、W800に乗っている人の写真やYouTube動画を参考にしました。W800に合えば、MEGURO K3(メグロK3)にも合う。

バン

気に入っているのはこれ

  • ‎メーカー:デグナー(DEGNER)
  • 商品番号: NB-100
  • 商品名:ナイロンサドルバッグ
バン

同じサイドバッグを2個買ったよ

デグナーの商品には、「サドルバッグ」と「サイドバッグ」があります。多いのは、「サドルバッグ」です。

とらこ

「サドルバッグ」と「サイドバッグ」って何が違うの?

商品を見る限り、違いがわかりません。言葉としての違いは、

  • サイドバッグ::自転車やオートバイの側面に装着されるバッグです
  • サドルバッグ: シート下に取り付けられます。

これは自転車のサドルバッグです。

購入したバッグは、「サドルバッグ」ですが、サドルの下じゃない・・・モヤっとしますが、追及するのはやめておこう。

目次

サイドバッグ VS パニアケース・トップケース

MEGURO K3に「SHAD(シャッド)のパニアケース」の写真を合成しました。このパニアケースはカッコイイと思うけど、このバイクには合ってません。

バンディット1250Fは、パニアケース&トップケースが合っていました。

とらこ

やっぱり、メグロK3には、デグナーのようなナイロンサドルバッグが合う!

ナイロンサドルバッグのデメリット

購入したデグナーの「ナイロンサドルバッグ」のデメリットです。

  • 取り付け取り外しに手間がかかる
  • 持ち運びできない
  • 鍵がない(南京錠で対応する方法あり)
  • 雨が降ったらカバーをつける必要がある

取り付け取り外しに手間がかかる

バン

はじめて取り付けたときは、時間がかかった。

慣れるとすぐ取り付けられるようになります。

バイクの掃除などメンテナンスのときは、バッグを取り外すので、手間がかかります。

持ち運びできない

サイドバッグは、取り外してリュック(背おえる)タイプの物もありますが、ナイロンサドルバッグはつけたらつけっぱなしです。

鍵がない

鍵がないので、カメラなど入れたままバイクから離れるのは不安。また、バッグごと取ろうと思えば取れるので、盗まれる可能性もあり。

気になるなら、ロックをする方法あり。

雨が降ったらカバーをつける必要がある

急な雨のときは、一度バイクからおり、レインカバーをする必要があります。

デグナーから防水のサイドバックも販売されていますが、メグロK3には合わないです。

ナイロンサドルバッグのメリット

購入したデグナーの「ナイロンサドルバッグ」のメリットです。

  • カッコイイ
  • 意外と荷物が入る
  • タンデムでも問題ない

カッコイイ

メグロK3やW800のようなバイクは、デグナーのようなサイドバッグの方が見た目が良い。

意外と荷物が入る

両サイドにサイドバッグ、シートバッグも取り付ければ、キャンプもできる。

タンデムでも問題ない

とらこ

バイクの後ろに乗るとき、少しバッグが邪魔になりますが、乗ってしまえば問題なし。

サイドバッグを取り付けるにはステーが必要

メグロK3バックサポート

メグロK3を購入時に、バックサポートをオプションでつけました。

後からステーをつける場合は、キジマのバッグサポートをつけている方がいます。

バン

これは、左用です。

  • サイドバッグサポート
  • 素材:スチール
  • 仕上げ:ブラック

\ サイドバック取り付けに必要 /

バックサポートの左用と右用です。

デグナーのナイロンサドルバッグの詳細

購入したサイドバッグです。

  • ‎メーカー:デグナー(DEGNER)
  • 商品番号: NB-100
  • カラー:ブラック-レッド
  • 商品名:ナイロンサドルバッグ
  • サイズ:縦33cm×横42cm×幅16cm
  • 容量:17L
  • 付属品:取付ベルト×2、レインカバー×1、バッグガード×1、ボトルホルダー×1

\ 商品詳細 /

取り付けは簡単

DEGNERサイドバッグの取り付け

バッグの取付ベルトをステーに通し、留めるだけ。

バッグガード

車体との干渉で劣化しやすいバッグの裏側には、バッグガードがついています。これはマジックテープで取り外しでき、ガードする位置を自分で調整可能。

DEGNERサイドバッグの取り付け

写真に写っている紐は、モンベルで購入した紐で、取り付けの際にステーに巻いています。バタつき防止です。

バックの開閉は簡単

DEGNERサイドバッグ

閉めた状態の写真です。開けるときは、片手でも簡単にできます。

DEGNERサイドバッグの開閉

黄色の矢印の部分は、2か所あるファスナーを同時に開けれる取手で、白い矢印方向へ引っ張ります。

DEGNERサイドバッグ

バッグをあけた状態の写真です。

バッグの中は、赤いので荷物を見つけやすいです。

ワンタッチ金具で簡単に開閉

DEGNERサイドバッグ開閉金具

片手で開閉できます。

ペットボトルホルダー

DEGNERサイドバッグ・ペットボトルホルダー

500mlのペットボトルを入れた状態です。

レインカバー

ナイロンサドルバッグのレインカバー

サイドバッグに入れておいても邪魔になりません。急な雨でもこれがあれば安心。

積載量

ナイロンサドルバッグ・積載量

折りたたみチェアと寝袋、クッキング用品を入れた状態です。

キャンプ用品

同じバッグが2個あれば、もう片方にテントなど入れることができます。

メグロK3にナイロンサドルバッグを取り付けた写真

デグナーのナイロンサドルバッグのデメリットをカバーする簡単な方法

ワイヤーロック

デグナーのサドルバッグには、鍵がありませんが、ワイヤーロープやワイヤーロックなどを使うことで鍵をつけられます。写真はワイヤーロープなので、別途鍵が必要。

ナイロンサドルバッグ・ワイヤーロック

写真の白丸の部分にワイヤーロープを通し、南京錠等でロックする方法。これは少し手間がかかるので、はじめからロック機能のあるタイプを選ぶと楽。

まとめ

デグナーのナイロンサドルバッグは、MEGURO K3やW800に合うサイドバッグです。日帰りや1泊のツーリングであれば、1個のサイドバッグでも対応可能。キャンプツーリングなら、同じサイドバッグを両サイドに取り付ければ、積載量がアップします。

自宅のバイク保管場所が、安全性のある屋根付きの駐車場なら、サイドバッグを取り付けたままにしておけば、取り付け取り外しの手間はかかりません。

盗難の心配をするなら、ワイヤーロックで対応すれば安心です。

バン

このサイドバッグにして良かった。

バッグの開閉はしやすく、バッグの中が赤い布なので、物を見つけやすいです。

meguroK3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン・読書・裁縫・散歩・田舎が好きなアラフィフ(50代)です。

コメント

コメントする

目次