赤目四十八滝とオオサンショウウオ | マイナスイオンツーリング

赤目四十八滝・不動滝

片道1時間くらいで行ける「マイナスイオン」が大量発生する「赤目四十八滝」へ行ってきました。

バン

一番の目的は、オオサンショウウオ
滝もいいけど


赤目四十八滝は、清らかな流れと豊かな森が広がる深山の幽谷に位置しています。滝川の流れを繋ぐ約4キロメートルの回遊路は、遊歩道として整備されており、桜、新緑、紅葉など、四季折々の美しい風景を楽しみながら、滝を眺めることができます。

赤目四十八滝
  • 平成の名水百選
  • 日本の滝100選
  • 森林浴の森100選
  • 遊歩100選

に選ばれています。

赤目四十八滝では、ハイキングや散策、森林浴など、自然を存分に楽しむことができます。

目次

走ったルート

行きも帰りも同じルートでした。

行き・帰り

  • 80・奈良名張線
  • R369
  • r28・吉野室生寺針線
  • R165・初瀬街道(伊勢北街道)/奈良→三重
  • r784・赤目掛線

Googleマップのルートは、奈良市の高円山ドライブウェイ料金所近く~日本サンショウウオセンター(赤目四十八滝)の少し手前までの41kmです。

やまなみロード(Googleマップ上の星印)を走りたかったけど今回はやめました。

針までは2往復

朝4時過ぎに目が覚め、天気予報をチェック。

天気予報では曇りで午後から雨マークでした。来週も雨マーク。バイクにしばらく乗れないかもしれないので、早朝に一人で針テラスへ行きました。

帰宅してしばらくすると・・・

バン

オオサンショウウオ見に行ってくる。雨は降らない。ヤフーの天気は当てにならない。

ということで、ついていくことにしました。私の目的は滝。

赤目四十八滝・日本サンショウウオセンター

9時過ぎに到着しました。

日本サンショウウオセンターでは、国内で生息するサンショウウオを中心に、赤目生まれのオオサンショウウオを含む9種類約50匹が展示されています。

オオサンショウウオは「生きている化石」として知られ、その希少性から特別天然記念物に指定されています。このセンターでは、その個性的な姿や生態をじっくりと観察することができます。

オオサンショウウオを含む展示は、他ではなかなか見られない貴重な体験ができる場所です。

駐車場

赤目四十八滝の専用駐車場はなく、近くの店舗駐車場に停められます。

駐車場の場所がよくわからず進んで行きました。おじさんに誘導された場所に停めました。

停めた場所は、滝駐車場です。ここから赤目四十八滝まで300mくらい。バイクを停めてから歩いていたら、もう少し先にも停められそうでした。

赤目四十八滝入山~日本サンショウウオセンター(渓谷入口)

  • 入山料:500円(大人)
  • 営業時間:8:30~17:00(4月1日~11月30日)、9:00~16:30(12月1日~3月31日)

ここから入ると「日本サンショウウオセンター」があります。オオメサンショウウオの他、9種約50余匹が展示されています。

国の特別天然記念物のオオサンショウウオは魚ではなく、カエルやイモリなどと同じ両生類です。

きれいな河川に住んでいます。

赤目四十八滝

赤目四十八滝・マップ
案内

日本サンショウウオセンターからスタートし、渓谷ハイキングコースをすべて歩くと3,290mあります。案内では90分と書いてありました。往復したら、180分なので途中まで歩くことにしました。

歩きはじめてすぐの場所だけでも満足。

霊蛇滝広場

歩いて230m(6分)の場所に不動滝があります。

不動滝

たった800mで戻ることにしました。これだけの距離でも汗だく。最後まで歩くなら、温泉へ行く準備もしておきたい。

日本サンショウウオセンター手前付近でシカ発見

入山したときには開いていなかったお店「上田屋」

開店していたので、草餅と焼き餅と饅頭を買いました。

草餅が一番甘かったです。塩気がきいていたので甘く感じたのか!?

場所: 三重県名張市赤目町861−1

道の駅宇陀路室生(うだじむろう)

帰り道にあった道の駅で昼食にしました。

バイクを置いた場所の後ろからの景色。

道の駅 宇陀路室生

和風レストランで昼食。

 道の駅 宇陀路室生
牛丼御膳・1,200円(税込)
道の駅 宇陀路室生
ミニ天丼セット・1,100円(税込)

場所:奈良県宇陀市室生三本松 3176 1

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次