転勤族の妻が仕事できない理由とは?データからみる働き方のまとめ

転勤族の妻の仕事にはさまざまな制約が存在します。

多くの場合、転勤妻としての情報が一括りにされることが多いですが、実際には子供の有無や年齢、結婚した年齢など、個々の状況によって事情は異なります。

今回の記事では独立行政法人労働政策研究・研修機構の論文やインターネット上の情報を基に、転勤妻の仕事事情をまとめました。

これから転勤先に一緒に引っ越す女性に向けた内容です
  • 夫が転勤のある仕事の妻って仕事はどうしているか知りたい
  • 転勤族の妻って仕事がないって本当?
  • 転勤族の妻って正社員になれるの?
  • そもそも働かなきゃダメなの?

本文の最後に、私個人の考えと実際のデータをもとにした所感を述べます。

目次

転勤族の妻が仕事できない理由をデータでみる

2022年9月の日本労働研究雑誌に掲載された論文「夫の転勤と妻の同居・就業選択」では、転勤族の妻が仕事できない理由についても詳しく調査されています。

調査内容
  • 1994年から2019年までの期間に行われた「消費生活に関するパネル調査」のデータを利用しています。
  • 夫の転勤の有無と妻の同居状態や就業状態などについての情報が集められています。
  • 2000年代と2010年代のデータを比較することで、転勤族の妻の状況に変化が起きているかどうかを分析しています。

この調査の中で、転勤族の妻が仕事できない理由などを抜粋して紹介します。

出展:の転勤と妻の同居・就業選択

転勤妻が正社員の仕事を辞めるとき

夫婦での転居する場合、妻の就業を継続することが困難である調査結果です。

男性正社員の妻が正社員として働いていた場合、国内転勤時に家族を帯同する割合は約40%です。

この割合の中で、妻が会社を辞める割合は73%に上ります。つまり、夫婦での転居が行われる場合、多くの場合、妻が一度離職せざるを得ず、就業を継続することが難しいとされています。

夫の転勤後に同居している既婚女性の割合と就業率

2010年代においては2000年代と比べて、夫の転勤時に妻も転居して専業主婦になる世帯が減っています。

同居している既婚女性は微減傾向
  • 2000年代:70~80%
  • 2010年代:50~60%
夫に転勤のあった女性の就業率
  • 2000年代:約40%以下
  • 2010年代:50〜60%を超え

かつては夫の転勤があると、妻は家族と一緒に転居し、専業主婦となるケースが多かったと考えられます。

しかし、結婚後も働き続ける女性が増えたことで、「共働きで単身赴任」という選択をする人や、転職などをして「共働きで同居」を実現する人が増えている可能性があります。

転勤妻の仕事ができない理由

転勤を伴う妻の仕事辞めの理由には、子どもの存在が重要な要素となります。

特に未就学の子どもがいる場合には、就業確率が低下する傾向が見られます。これは、家事育児にかかる時間制約や、母親が育児に専念すべきとされる社会的な考え方が影響している可能性があります。

さらに、妻のスキルや能力、そして持ち家の有無も就業確率に影響を与えます。高いスキルや能力を持つ妻や、持ち家を所有している妻は、夫の転勤後でも就業を継続する傾向があります。

これらの要素から、転勤を伴う場合には子どもの存在や家事育児の時間制約が妻の仕事辞めの理由として重要な要素となり得ることが示されています。ただし、個人の状況や社会的な環境によって異なるため、一概には言えません。

転勤妻が働くメリットとデメリット

転勤妻が働くかどうかは、個人の状況や価値観によって異り、メリットとデメリットを考慮し、自身の目標やライフスタイルに合った働き方を選択するのが望ましいのでしょう。

メリットデメリット
経済的独立
自己成長とキャリア発展
社会的つながりと活動の場
家族との時間とのバランス
転勤の影響
ストレスとプレッシャー
メリットとデメリット

メリット

経済的独立

働くことにより、自身の収入を得ることができ、経済的に独立した生活を送ることができます。これにより、家計の安定や自己の経済的な自由度が向上します。

自己成長とキャリア発展

仕事を通じて自己成長やスキルの向上が図れます。新たな知識や経験を積むことで、キャリアの発展や将来の職業的な選択肢の幅を広げることができます。

社会的つながりと活動の場

働くことにより、職場や同僚との交流が生まれます。社会的なつながりを持つことで、地域やコミュニティにおける活動の場を得ることができます。

デメリット

家族との時間とのバランス

働くことにより、家族との時間を確保することが難しくなる場合があります。仕事と家庭の両立に時間やエネルギーを割かなければならず、ストレスや疲労感が生じることもあります。

転勤の影響

転勤妻としての役割と、自身のキャリアや職業的な安定感の両立は課題となることがあります。転勤のたびに新たな職場や環境に適応する必要があり、一時的な仕事の中断や再就職の難しさも考慮しなければなりません。

ストレスとプレッシャー

家庭や仕事の両面での責任を負うことにより、ストレスやプレッシャーが増える可能性があります。特に忙しい時期や役職に就いた場合は、時間やエネルギーの管理が課題となります。

働かない選択はあり?

一部の社会的な観点や価値観では、女性が働かないことに対して批判的な意見も存在します。周囲からのプレッシャーや偏見を感じることもあるかもしれません。

しかし、働くか働かないかは個人の自由であり、他人の意見に左右される必要はありません。自身の状況や家庭の状況、配偶者との協力や意見交換を通じて、最適な選択をすることが重だと思います。

転勤妻におすすめする働き方と資格のまとめ

私が収集した転勤妻におすすめする「働き方」、「職種」と「資格」に関するまとめです。

情報源
  • インターネット上の転勤妻に関連するサイト
  • キャリアコンサルのサイト
  • ヤフー知恵袋
  • お悩み系の掲示板

約100の情報源から得られたデータをもとにしています。

これらのデータは、情報発信者がその仕事に就いている場合もありますし、「転勤族の妻におすすめの仕事」として紹介している場合もあります。また、データ収集方法を変えると違う結果になるかと思うので、参考として捉えてください。

転勤妻の働き方

在宅ワークや派遣といった働き方は、転勤することが多い方にとって都合が良い選択肢です。

働き方割合
在宅ワーク27%
派遣スタッフ23%
起業(フリーランス)10%
短期のアルバイト10%
資格を活かした仕事10%
パート・アルバイト8%
短期の派遣5%
転勤可能な正社員5%
正社員2%

一覧の最後にある2つの正社員の違いは、最後の「正社員」は転勤先で正社員として雇用された例です。

転勤妻の職種

最も多い、全国チェーンのお店は転勤妻にとって安定した雇用とキャリアの機会を提供してくれる可能性が高いと言えます。

職種割合
全国チェーンのお店39%
看護師8%
公務員8%
Webライター6%
Webデザイン6%
薬剤師6%
保育士6%
エンジニア3%
営業3%
WEBマーケティング3%
倉庫3%
医療事務3%
栄養士3%
経理3%
通信教育の添削指導3%

転勤妻におすすめの資格

転勤先に病院がある確率は比較的高いため、医療事務の仕事は良い選択肢と言えます。

資格割合
医療事務21%
介護福祉士14%
栄養士14%
保育士12%
看護師9%
簿記9%
登録販売者7%
薬剤師5%
ウェブ解析士2%
普通自動車運転免許2%
TOEIC2%
行政書士2%

転勤妻におすすめの資格の中には、難易度が高すぎるものも存在します。これらの資格は一定の専門知識や技術が求められるため、取得には時間と努力が必要です。しかし、その分取得後の就業やキャリアの幅が広がることも事実です。

完全在宅勤務の仕事って何がある?

私が仕事探しをしていた際に(2023年)、あらゆる求人をチェックし、実際に応募も行いました。

その中で、転勤妻にとって理想的な働き方である「在宅ワーク(リモートワーク)」に関する求人だけを抽出した結果です。

条件
  • 検索数:100件
  • 媒体:アルバイト(求人ボックスなど)、派遣スタッフ
  • 完全在宅勤務
  • 除外:週1出勤、たまに出勤、初日出勤、あまりにも専門的な仕事

正社員の仕事で初日から完全在宅勤務の仕事は、まれにありますが、かなりの高スキル求人がほとんどです。

完全在宅勤務(フルリモートワーク)で多い職種

割合が4%までの職種です。

スクロールできます
職種割合平均時給平均給与
事務23%1,23621
Webマーケティング8%1,40021
テレアポ8%1,221
Webライター6%1,065
経理5%1,150
SNSマーケティング4%36
営業事務4%1,35023

平均時給は「円」、平均給与は「万円」、時給と給与の両方に金額ある場合は、アルバイトやパート、社員としての求人。

意外にも事務職で完全在宅勤務の仕事が多いです。

完全在宅勤務の職種

Web関連の仕事が多いです。平均時給は、1,600円で月給の場合は平均30万円と高額です。

Web関連の仕事
  • SEO記事のチェック
  • SNS運用
  • Webディレクション
  • Webメディアの事務作業
  • WEBメディアの進行管理アシスタント
  • Web制作
  • WEB制作進行管理
  • ECサイトの運営

もっとも給与が高かったのは、アプリ開発の仕事で月給90万円。次に、キャリアコンサルタントで43万円でした。

ちょっと変わった仕事では、「コンビニで働くロボットの遠隔操作VRオペレーター」で、時給1,100円。その他、占い師で時給3,000円という仕事もフルリモートワーク可能。

転勤族の妻におすすめの在宅勤務可能な仕事は年齢で変わる

転勤族の妻にとって、在宅ワークの求人が増えているというのは助かることかと思います。しかし、求人が多く在宅勤務ができるとしても、年齢によっては仕事を見つけるのが難しい場合もあるのも事実。

年齢が上がると、在宅ワークの求人は限られてくる傾向があります。一部の業界では、経験や専門知識が求められることがあり、若い人に比べて競争が激しくなる可能性もあります。

以下の仕事は、現在その職種の経験がなくても挑戦できる選択肢です。私の調べた情報をもとにした「おすすめ」のため、それに異を唱えることもあるかもしれません。

20代~30代の転勤妻におすすめの在宅勤務可能の仕事

若い転勤妻にとって、将来に向けておすすめの仕事には以下のようなものがあります。これらの仕事は在宅勤務の求人が多く、未経験者でもチャンスがあることが特徴です。一方で、高齢になると難しくなる可能性もあります。

  • Webマーケティング関連
  • Webデザイナーなど
  • ITエンジニア
  • 事務からステップアップ
  • 経理×IT

これらの仕事は、転勤妻の自由な働き方や柔軟なスケジュール管理に適しています。将来のキャリアにつながる可能性がありますので、若いうちから興味や適性に合った仕事に挑戦してみることをおすすめします。

未経験で今すぐ仕事に就くのは厳しい職種が多いですが、若いうちにスキルを身につておくことで、今後の引越し先で在宅勤務の仕事のチャンスがあります。

Webマーケティング関連(マーケターなど)

在宅勤務の仕事が多く、未経験者向けの募集も存在します。Web上でのマーケティングや広告活動に興味がある方には良い選択肢だと思います。

高齢になると未経験からの参入が難しくなることがあります。これは私が経験しました。

Web関連

Webマーケター以外のWeb関連の仕事で、Web制作、WebデザインやWebディレクターのようなクリエイティブ系の仕事です。

未経験からでも20代であればチャンスがありますが、実際に求人に応募する前に、スクールなどで必要なスキルを学ぶことがおすすめです。プロの指導を受けながら基礎から学び、実践的な経験を積むことで就職活動がスムーズになる傾向があります。

ただし、30代になると競争が少し厳しくなることもあります。若い世代と比較して経験やスキル面での差が出てくるため、自己啓発や学習を継続して行いながら自身のスキルセットを広げていくことが重要です。また、実務経験を積むためにボランティアやフリーランスとしての活動も考慮する方法もあります。

Web関連の仕事は技術やトレンドの進化が早いため、常に学び続ける姿勢が求められます。

ITエンジニア

ITエンジニアはさまざまな職種がありますが、若い方には多くのチャンスがあります。

未経験からでも学びながら成長できる分野ですので、興味があるならば早めにスキルを身につけることがおすすめです。

事務からステップアップ

在宅ワークの事務職は、インディードや求人ボックスで多く見つかります。

派遣スタッフとして働く方が時給は高いですが、完全在宅勤務はそれほど多くはありません。

完全在宅で働ける仕事なら、東京の仕事でも問題ないのではないかと考え、エントリーしたことがあります。しかし、実際にはたまに出社が必要だったり、最初から出社が必須だったり、さらには東京在住者に限定されているなどの制約がありました。

2024年1月現在、私が使っていた派遣会社の営業担当から聞いたことですが、リモートワークは最近減ってきているとのこと。

経理×IT

経理の仕事は完全在宅勤務の仕事もありますが、アルバイトやパートでの働き方は時給が低めです。派遣スタッフとして経理の仕事をする場合の方が、時給が高いです。ただし、派遣での経理の仕事は少ないです。

経理にITを組み合わせることで、新たな選択肢が広がります。経理だけでなく、ITスキルを持つことで他の業務も担当することができます。現代では経理の仕事が減少していると言われていますが、まだ需要がある分野です。

40代以降の転勤妻におすすめの在宅勤務可能の仕事

年齢や転勤の制約があっても、自宅で働くことでキャリアを継続し、自分の時間や家族とのバランスを取りながら働くことができます。

  • キャリアコンサル
  • テレフォンアポインター
  • 事務

キャリアコンサル

求人情報を見ると、キャリアコンサルタントの給与は比較的高い傾向があります。

40代以降で仕事経験がある場合には、キャリアコンサルタントの仕事が特におすすめです。なぜなら、人生経験が豊富な方は若い方よりも説得力があります。クライアントに対して自身の経験や知識を活かし、より具体的なアドバイスやサポートを提供できます。

私自身もキャリアコンサルを受けた経験がありますが、40代以降の転勤妻にとっても、自分自身のキャリアを見つめ直す上で非常に有益な経験でした。

ただし、キャリアコンサルタントになるためには特定の資格を取得する必要があります。

テレフォンアポインター

アルバイトやパートでの求人が多いです。

テレフォンアポインターを40代以降の女性に進める理由は、年齢が高い方が落ち着いた声で相手を安心させるという点にあります。

人々は、声のトーンや質によって相手とのコミュニケーションに影響を受けます。特に電話でのコミュニケーションでは、声の特性が非常に重要です。40代以降の女性は、一般的に声のトーンが安定しており、経験と知識に基づいた落ち着きのある話し方をする傾向があります。

事務

特にインディードで求人が多い職種です。ただし、時給は高くはありません。派遣スタッフで事務の仕事は、年齢とともに厳しくなる傾向があります。

年齢を問わず転勤妻におすすめの在宅勤務可能の仕事

年齢を問わず、自宅やどこでも働くことができるため、転居や家庭の状況に合わせた柔軟な働き方が実現できます。

  • Webライター
  • フリーランス

Webライター

Webライターは、文章を書くことが得意な方やコンテンツ制作に興味がある方におすすめの仕事です。

年齢を問わず、幅広い世代に適しています。仕事の形態として、文字単位で報酬を得る方法や時給で働く方法があります。

ただし、未経験者にとっては時給制の仕事は少し厳しい状況かもしれません。例えば、自身のサイトを運営したり、実績を積んでアピールすることも重要です。文章力を磨きながら、自己プロモーションを行うことでチャンスを広げることができます。

フリーランス

フリーランスとは、自分自身でクライアントと契約し、自由に仕事を受注して行う働き方です。自分の得意な分野や経験を活かして、クライアントのニーズに応えることができます。

フリーランスの仕事のメリットは、自分の時間や働き方を自由にコントロールできることです。転勤や家庭の事情に合わせて、柔軟に仕事を調整することが可能です。また、在宅勤務が主体となるため、移動時間や通勤ストレスがなく、効率的に仕事を進めることができます。

ただし、フリーランスの仕事は収入やクライアントの獲得にも一定の努力が必要です。自己マーケティングや営業活動を行い、自分のスキルや経験をアピールする必要があります。また、安定した収入を得るためには、クライアントとの信頼関係を築くことや仕事の質を高めることも必要です。

完全在宅ワークのデメリット

最後に、転勤族の妻にとってメリットの多い「在宅勤務」のデメリットについて。

在宅勤務では引っ越し先での知り合いを作る機会が減少する可能性があります。

人との対面でのコミュニケーションが減少します。オンラインミーティングやチャットツールを使用しても、リアルタイムでの直接的な対話や非言語コミュニケーションが制限されることがあります。これにより、社交的なつながりやチームワークの機会が制約を受ける可能性があります。

また、自宅で作業を行うため、日常的な運動量が減少しやすくなります。不十分な運動は体重増加や不健康な生活習慣の原因となる可能性があります。

まとめと個人的所感

調べた情報(おすすめの在宅勤務可能の仕事以外)では、私の個人的感想は極力省いています。最後に私の感想です。

転勤族の妻でもキャリアを築きたい!?

「転勤族の妻はキャリアを築けない」というような記事を見かけることがありますが、そんな立派な人が存在することに驚きます。

私の理想は、自分が好きな分野の仕事に集中できることです。電話対応やメール対応は避けたいというのが本音です。もっと欲を言えば、週3くらいの仕事だと精神的な余裕もあるかも。

私のような人が「キャリア」を考えるのは難しいし、そもそも上を目指したこともありません。また、年齢的に正社員で働いていれば「定年」が近いこともあり、がむしゃらに働くのは無理です。

難しすぎないか?その職種

データ上での転勤族の妻の仕事で、これって難しすぎないか?と個人的に思うものが結構あります。

資格取得が厳しく適正もある

それは、看護師や薬剤師など簡単になれない職種です。向き不向きがあるし、人の命に係わる仕事なので、素人から見ると厳しそうだなと思います。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは良い仕事だなと思います。しかし、コミュニケーション能力が高くないと厳しいので、私には絶対にできない仕事です。

Webライター

頑張って地道に続けていると、フリーランスでもそれなりの収入になるらしいし、固定給で働く方法もあります。しかし、私にとっては絶対にできない仕事。このように個人でお気楽にブログを書くのは良いけれど、仕事としては難しそう。

部署異動ってそんなに簡単なの?

正社員で働いていて、配偶者の転勤先に合わせた部署等への異動をすすめる記事を見かけますが、結構ハードルが高いと個人的に感じます。

私の場合、働いていた会社は全国に複数の支社がありましたが、私には異動することはできませんでした。

データの注意点

私がインターネット上で検索した「転勤妻におすすめする働き方と資格のまとめ」のデータでの注意点として、自分で調べて何ですが、インターネット上に「転勤族の妻」の仕事情報をあげるのは、アフィリエイト目的も多く存在すること。

また、仕事探しで困っていないような人はわざわざブログなどで公開しないだろうと思うことです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン・読書・裁縫・散歩・田舎が好きなアラフィフ(50代)です。

コメント

コメントする

目次