転勤妻ブログ

職業訓練受講で未経験分野への転職は難しい?

15年前に未経験分野の職業訓練を受けたことがあります。

先に結論を言うと、受講終了後に受講内容に関係する職業に就くことはできませんでした。

職業訓練とは

ハロートレーニングまたは公的職業訓練は、次の2つの総称で、無料で職業知識等を習得できる公的制度です。

期間は2か月からあり、長いと1~2年の訓練もあります。

  • 雇用保険(失業保険)受給者:公共職業訓練
  • 雇用保険を受給できない求職者:求職者支援訓練

雇用保険受給者の場合、所定給付残日数によっては給付金延長されます。また、給付制限中に訓練開始すると、給付金の支給が早まります。

どうやって学ぶ?

  • 訓練施設
  • 委託された訓練機関
  • オンライン訓練(eラーニング)

過去に受けた職業訓練の状況

自己都合で退職し、当時は3か月の給付制限がありました。

  • 退職日:12月末
  • 求職申込日:1月15日
  • 給付制限期間:1月22日~4月21日
  • 職業訓練申込日:5月26日
  • 職業訓練:7月1日~9月26日

職業訓練開始日の給付金残日数は21日でした。給付日数は90日だったので、訓練開始日に1/3の残日数を切っていましたが、給付金は延長されました。

現在の制度では、給付金の延長にはならないです。現在の管轄のハローワークで聞きましたが、制度が変更になった等、何もわからないと言われました。

職業訓練の内容

  • 訓練科目:経理・総務
  • 訓練期間:3か月
  • 訓練施設:東京都内の資格の学校

受講生は30人くらいだった記憶があります。

訓練内容は、簿記は日商簿記2級レベル、その他には、MOS(Excel、Word)の勉強もありました。

訓練校の受講で資格取得可能か

簿記やMOSの試験を受けるかについては任意。

私は訓練校に入る数か月前に、日商簿記3級に合格、訓練終了後に日商簿記2級に合格しました。

しかし全くの初心者だと授業のスピードは早かったでしょう。

日商簿記2級の受験は、職業訓練だけでは厳しいなと私自身が感じていました。職業訓練以外に、派遣会社のeラーニング(無料)を利用して簿記の勉強をしました。

訓練終了後

お昼休憩を一緒にとっていたのは、私を含めて女性5人で、訓練終了までにどうなったかというと、誰も仕事が決まりませんでした。

  • 20代後半子供のいない既婚者:就職決まらず
  • 30代前半独身:就職決まらず
  • 30代半ば(私)子供のいない既婚者:就職決まらず
  • 30代後半独身:訓練の途中で看護師学校へ行くことになり来なくなった
  • 40代前半子供のいない既婚者:就職決まらず

私たち以外のグループとは交流がなかったので、ほかの人たちがどうなったのかはわかりません。

転職活動

訓練中から転職活動をしていました。

仕事探しで利用したのは、ハローワークの求人、派遣会社とアルバイト求人誌です。

  • ハローワークの求人では、1件も面接までいきませんでした。
  • 派遣の仕事は、1件のみ職場見学までいきましたが、仕事は決まりませんでした。場所は六本木で、SAP使用の経理、時給1,500円くらいだった記憶があります。
  • アルバイト:1件のみ面接までいけましたが不合格。新宿区の税理士事務所の経理で、時給1,000円の仕事でした。

その後

とりあえず自分にできる仕事を探し、仕事をしながら転職活動をすることにしました。

ハローワークの求人で、「エクセルVBA」を使う仕事を見つけ応募。

ちょっと怪しげな会社だと思いつつ入社したら、社員だけどボーナスなしで、求人に書いてあった仕事ではありませんでした。

仕事内容は客先常駐のユーザーサポートで、扱うシステムは一度も触ったことなし。

限られた業界向けの会計システムでした。

働きながら転職活動

ユーザーサポートの仕事をはじめてから半年後に、ハローワークでみつけた求人に応募。

  • 雇用形態:アルバイト
  • 職種:経理
  • 時給:1,000円
  • 業種:不動産、建築、その他

街の地主である社長が設計、建築、そして賃貸している会社でした。

無茶苦茶な会社で経理経験を積んだ

面接は社長。

面接の時点でなんかヤバそうな会社だな、と感じていて、その直感は当たり。

精神病んで退職する人続出、または休職者が多い会社でした。

雇ってもらえたので、とりあえず実務経験を積むためにと割り切りました。働き始めて3か月後に、ほとんど強制的に社員化。

小さな会社の場合、社員になるメリットはそんなになかったりします。

社員になるメリットがない理由

  • 残業代なし
  • 有給休暇なし
  • 社長の機嫌で業務がコロコロ変わる

定時で帰れる日もありましたが、残業も多く土曜日に出勤することもありました。

経理で入ったけれど、ある日突然「受付業務」になったり、お客さんに物件案内したり、滞納しているテナントへ集金しに行ったり、賃貸物件の広告作成やサイト作成、社内のネットワーク担当になったり・・・

そして突然「経理でしょ!!」と言われたり。

めちゃくちゃな社長でした。

この働き方で年収は280万円くらい。勤務地は新宿で、この年収は低すぎます。

過去をふりかえって今思うのは、離れたところからみていると面白い会社だ。

良かったこと

  • 食費があまりかからない
  • 社保はあった
  • ボーナスがあった
  • 自社物件に住むと安い

昼食は600円まで会社補助あり、遅くまで残っていると社長宅のお手伝いさんが、夜食をもってきてくれました。

私は違いましたが、自社物件の場合格安で入居可能。

ただし社長宅のある物件に住むと、休日も呼び出しある可能性あり。

まとめ

経理につけたのですが、事情によりIT系の仕事にしばらく戻っていました。

引っ越しをきっかけに、派遣で何社か経理の仕事をしてきましたが、これもおかしな会社での経理経験のおかげです。

職業訓練校で学び、未経験分野への転職は厳しいですが、やり方次第で希望職に就くことは可能です。

無料で学べ条件によっては雇用保険が延長されるので、職業訓練を利用するのはおすすめです。

  • この記事を書いた人
Torako

Torako

パソコン・読書・裁縫・散歩・田舎が好きなアラフィフ(50代)です。

-転勤妻ブログ