ブログで稼ぐのは難しい?ウェブマーケティングを学んだことで変わったこと

ブログを運営して収益を上げる夢は魅力的ですが、実際はどうでしょうか? インターネット上には成功体験と共に挫折談も溢れています。

私はブログ運営(本ブログ以外もあり)をはじめてから早いもので8年が経ちますが、率直に言ってブログだけで生計を立てるのは無理です。副収入として考えたとした場合はどうかというと、お金のことだけ考えるのであれば無駄な作業です。

一年前、職業訓練でウェブマーケティングの講座を受講しました。それは自分のサイトのためではなく、ウェブマーケティングの知識を仕事として活かしたいという思いからでした。ところが、受講途中からその仕事が私には合っていないことに気づきました。

楽しさが全く感じられないため、仕事でやっていくのは難しいと判断しました。それ以前に、年齢的に未経験分野の仕事に就くことがかなりハードルが高かったのも事実です。

この記事では、これからブログ運営を考えている方やまだ始めたばかりの方に、私の経験を通して得た教訓や考えを共有します。

目次

Webマーケターは向いていないと思った理由

早い段階でWebマーケターの仕事は違うな、と思い始めていました。

実際の仕事が違うと思った

講座ではWebマーケターの方が授業を行うこともありました。

そのひとりは講座の卒業生で、授業で紹介していた実際の仕事のやり方が、自分の考えていた仕事とかけ離れていたことも原因です。

一言で表現すると、意外と地味な作業もあり、創造性が必要だということ。

講座で使われた漫画を読んで嫌になった

「マンガでわかるWebマーケティング 」の漫画を読むという授業がありました。この漫画では、実際のマーケティングの仕事が描かれています。

この内容が自分には全く向いていない分野の仕事だな、と思う出来事でした。

ウェブマーケティングを学んで変わったこと

ウェブマーケティングの学習を通じて私が経験した変化は、運営しているたサイトの更新に対する意欲の低下です。以下に、その背景と理由を詳しく説明します。

受講前は、ウェブマーケティングの知識を仕事や個人サイト運営に活かすことを期待していました。しかし、学習後には仕事としても無理だし、個人サイトの運営も嫌になりました。

その理由は、Webマーケターの仕事自体が自分にはできないだろうということ。個人サイトとしては、ウェブマーケティングの手法に基づいた記事作成が非常に時間と労力を要することでした。

ウェブマーケティングの手法に沿った記事作成

ウェブマーケティングの手法に沿った記事作成には以下のような作業が必要です。

  • ペルソナの設定
  • キーワード選定
  • 競合の記事調査
  • 競合の調査結果の内容を記事に盛り込む
  • タイトルの作成
  • 導入文や抜粋の考慮
  • 画像を入れる位置や枚数

これらの作業は毎回行う必要があり、負担が大きいです。

講座受講中には転職活動の一環として、ポートフォリオとしてサイトを作成し、上記の手法で30記事を書きましたが、かなりの時間がかかりました。

広告審査の難しさ

せっかくなので広告を貼ることにしましたが、これも大変です。よく「クリック報酬型広告」のGoogleアドセンスが難しいと言われますが、私は成果報酬型広告の方が厳しいと思います。

特に転職系のサイトは厳しいと感じました。転職エージェント等ごとに審査があり、審査に通らないこともあります。審査が通っても、収益が得られる可能性は低いです。

広告の審査を受けるためには、その企業に不利になりそうな内容を書けないこともあります。その結果、読者にとって本当の情報が得られない場合もあり、サイトの内容が似通っていたり、体験談が本当っぽくないことがあります。

このような制約や現実に直面することで、個人サイトの運営に対する意欲が低下しました。

ブログが稼げないと言われている理由

アフィリエイトで稼ぐことが難しいと言われる理由はいくつか存在します。

企業サイトが参入しているから

避けるべきジャンルがあり、ではそれ以外はどうかというと、簡単ではありません。

企業がますますアフィリエイト領域に進出する中、個人ブロガーが企業の波に立ち向かうことは非常に難しいです。企業は広告予算を持ち、ブランド認知度を高めやすい環境にあります。これに個人が対抗するのはかなり厳しい現実があります。

激化する競争

インターネット上のブログやサイトは日々増加し、競争が激化しています。特に一般的なテーマやニッチでは、目立つことが難しくなっています。

検索エンジンのアルゴリズムの変化

検索エンジンのアルゴリズムは頻繁に更新され、過去に有効だったSEOの手法が効果を失うことがあります。その結果、ブログのランキングや表示順位が不安定になり、アクセス数が減少する可能性があります。

それでもサイト運営している理由

個人がサイト運営で成功する(それなりの収益を得ること)ためには、学んだ知識を柔軟に取り入れつつ、自身のスタイルや興味を損なわずに活かす方法を見つけることが鍵となると思います。

思います、とは冒頭でも記載の通り、私はサイト運営で成功していないからです。

ウェブマーケティングの理論は重要ですが、その実践において自分らしさを失わないようにすることが、挫折を克服し、長期的なモチベーションを維持するために必要だと感じました。

現在、私のブログは記事を通して自分の考えを整理し、自己理解を深める場としています。

過去の記事が役立つことがある

このブログ以外のあるブログでは、ある物をいつ交換したか、というようなことを載せていたりします。

過去に何をいつ交換したか調べる際に、自分のブログがデータベースとして活用できることがしばしばあります。

自分のサイトが参考になる場面がある

自分のサイトを仕事中に参考にすることがあります。(このサイトではない)。これがブログを続けるモチベーションの一因です。

その参考にしているサイトは、私が仕事中に解決できなかったことを、自宅で勉強しサイトに載せていました。ペルソナ設定は全くしていませんでしたが、結果的に自分がペルソナです。

ペルソナ:サイトを訪れるであろう人物像を描きだします。例えば、年齢、性別、趣味、職業、興味関心など、たったひとりに向けた記事が良いと言われています。ペルソナを設定することで、よりターゲットに向けたコンテンツやマーケティング戦略を展開することができます。

そのサイトはどうなっているかというと、仕事関連のため平日のアクセスは非常に多いです。

しかし、収益はどうかというと、厳しいです。これは少し考えるとわかりますが、例えばクリック報酬型の広告を仕事中にクリックしないと思います。成果報酬型の広告も仕事中にクリックし購入はしないはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン・読書・裁縫・散歩・田舎が好きなアラフィフ(50代)です。

目次